天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

歌や踊りで利用者を慰労

2017/07/18 19:00:02
歌や踊りで利用者を慰労
歌や踊りで施設利用者を楽しませるミラクル・マリングループ
 7月の第3月曜日「海の日」に合わせ、ミラクル・マリンさんのグループは、高松市福岡町にある「ロイヤルケア高松デイサービスセンター」(天生目美代子所長)へ毎年慰問に訪れている。今年も17日に同所へ10回目の訪問を行った。

 ミラクル・マリングループ(栗田充子代表)は、登録会員約50人。月に10回程度、老人ホームや幼稚園、イベント会場へと慰問を行っており、15年になるそうだ。訪問先との交渉や企画、当日参加する会員の確保と、多忙な日々の連続だという。
 
 オープニングは、茶摘みの曲に替え歌を乗せて披露した。浜辺の歌、上を向いて歩こう、白い花の咲くころと、約20曲を踊りや歌、演奏を交えて約1時間半、楽しい雰囲気の中で上演。会場からは大きい拍手もあり、盛り上がった。

 (白井 清子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.