天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

細かい作業と見事な色彩で表現 国分寺で切り絵展

2017/05/19 18:16:52
細かい作業と見事な色彩で表現 国分寺で切り絵展
さまざまな題材を切り絵で表現した作品展
 5月21日午後1時まで、高松市の国分寺ホールで、「国分寺町切り絵同好会作品展」を開催している。

 城や寺院、風景画からデザイン画、般若心経の経文などを題材に、細かい作業と見事な色彩で表現した作品がホールに展示され、訪れた人たちを魅了している。

 会場では、同会の松井繁成会長や会員たちが鑑賞者の質問に答え、切り絵の作業を丁寧に説明。てんぐ紙や黒画用紙などをマット状に置き、手先を集中してカッターナイフで切る作業、原画の用意の仕方など、体験を通して答えていた。

 現在、会員数は10人。毎月第3金曜日の午後1時から、国分寺南部コミュニティセンターで教室を開いている。(小橋 淑美)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.