天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

「苦手なことを先にする」 ギネス記録者・平田さん(高松)講演

2017/04/21 17:03:28
「苦手なことを先にする」 ギネス記録者・平田さん(高松)講演
明生大の開校式で講演する平田さん
 教養や健康に関することや次世代とのふれあい、趣味・娯楽に関することなどを学び合う市民講座「明生大学」の開校式が4月20日、高松市国分寺町の国分寺会館であり、同町内在住の高齢者ら225人が入学した。

 釜野正夫総長が開会宣言をした後、教養講座として平田繁實さんが「私の人生」と題して講演した。

 平田さんは同町在住。1919(大正8)年9月1日生まれで、現在97歳。定年後に趣味で始めた陶芸を究めようと、85歳で京都造形芸術大通信教育課程の陶芸コースに入学した。11年かけて124単位を獲得し、2016年の春、96歳と200日で卒業。世界最高齢の大学卒業者として、ギネス世界記録に認定された。

 現在は自宅で陶芸を教えたり、広い庭の手入れをしながら、自分で買い物や通院なども行っている。

 これまでの長い人生体験を交え、「常に安全、安心を心掛け、くよくよしない。物事の能率がよくなるよう工夫する。一番苦手なことを先にする」などと講義。受講者は耳を傾けつつ、平田さんの考えに共鳴しているようだった。(小橋 淑美)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.