天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

鮮やかに咲くフクジュソウ

2017/03/14 10:00:58
鮮やかに咲くフクジュソウ
鮮やかに黄色い花を咲かせるフクジュソウ
 まんのう町七箇の民家で今、フクジュソウ(福寿草)が黄色い花を咲かせている。20年以上前、近所の人たちといっしょにお正月を祝う「寄せ植え」を作ったことがあるとか。その時、きれいに咲いたフクジュソウを捨てるに忍びず、庭の隅におろしておいた。以降、ほとんど毎年美しい花を咲かせては家族らを楽しませてくれるとか。

 フクジュソウはキンポウゲ科の多年草で、日本では北海道から九州にかけて分布し、山林などに生育する。江戸時代以降、多数の園芸品種が作られる「古典園芸植物」となり、緋(ひ)色や緑色の花を付ける品種もあるそうだ。花期は初春、春を告げる花の一つである。

 わが国では昔から、正月には、松・竹・梅や薮柑子(やぶこうじ)などとともに「寄せ植え」にして飾り、正月を祝う習わしがある。フクジュソウの花言葉は「幸福を招く」「永久の幸福」「祝福」など。

 過去3回、切手の図案にもなっているフクジュソウは、環境省レッドリスト2000年版までは絶滅危惧U類だったが、2007年の見直しでランク外となっている。

 鮮やかに咲くフクジュソウ、「永久の幸福」を招いてほしいものだ。(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.