天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

3度目の帯状疱疹

2016/08/10 17:11:29
 帯状疱疹(ほうしん)と診断されてから今日でちょうど1週間になる。

 帯状疱疹とは、かつて発病した水痘(水ぼうそう)のウイルスが神経節に潜んでいて、過労やストレスなどで免疫力が低下した時に、そのウイルスが再び活動し始めて発症するもの。名前の通り、神経に沿って帯状に現れる。普通は1度しかかからないということだが、私は今回で3度目。たまに繰り返す場合もあるというが…。

 最初は子どもがまだ幼かったころで、お腹半分にまさしく帯状のブツブツができた。見本みたいな発症の仕方だったので、痛みを感じながらも結構感動的だった。高齢者に多い病気で30歳前後でなるのは珍しかったらしく、当時の保健婦さんに「見せてください」と言われたのを覚えている。

 2度目は8年前の夏。旅行から帰ってすぐに右足が痛くなったので、「歩きすぎたかな」くらいに思っていたら、どんどん激しくなり、整形外科を受診した。レントゲンとMRIを撮って調べたが異常なし。「筋力をつけてください」と言われて湿布薬をもらった。8年前のことなので、どんないきさつで受診科をはしごしたのか忘れたが、皮膚科で帯状疱疹と判明。右のヒップ寄りの太ももにブツブツができていて、てっきり虫刺されか何かだと思っていたが、なるほどと納得した。

 そして今回もやはり、最初は虫刺されだと思った。右胸にできたブツブツ。虫刺されの薬を塗っても治らない。そのうちに胸の奥がチクチク痛んできて、次第にズキズキと。一瞬、悪い病気かなぁと思ったが、皮膚科へ行った。すぐに「帯状疱疹」と診断が出た。「3度目なんです」というと、やはり珍しがってくれた。風邪が治らず、仕事は休めずという、少しハードな状態が続いていて、食欲も落ちていた。無理がきく年頃ではないと、しっかり自覚しなくては…。もう4度目はゴメンだ。
(和泉 加奈江)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.