天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

かわいいキノコ キイボガサタケ

2016/07/26 15:46:33
かわいいキノコ キイボガサタケ
かわいらしい姿を見せるキイボガサタケ
 7月中旬、まんのう町七箇の県満濃池森林公園散策道を歩いていた。ふと見た山側斜面に、薄黄色のかわいいキノコが生えていた。高さが約4aで、かさの真ん中がちょこんととがっている。かさの裏側には、放射状の細いひだが見えた。

 一度見たことはあるが、名前は分からない。ネットで「カサの真中がとがった小さなキノコ」と検索してみた。あった! 名前は「キイボガサタケ(黄疣傘茸)」だって。

 キイボガサタケはイッポンシメジ科イッポンシメジ属。「かさの真ん中に『突起』がなかったら魅力半減…」などの言葉も見られ、その姿を想像して楽しかった。

 色は黄色(鮮黄色)。華奢(きゃしゃ)で繊細なキノコだ。中心にある突起が名前にイボと付いた由来だろうとか。柄の根元に白く見えるのは菌糸だという。

 現在、私の健康法の一つに同散策道の散歩がある。小高くて広々とした森林や山道の両側に伸びる数多くの木々。下にはさざ波の立つ満濃池が見下ろせる。夏は涼しい風が、冬は暖かい木漏れ日がほおをなでてくれる。

 一挙両得、三得かな? 散策の道すがら、四季折々の姿を垣間(かいま)見せてくれる幸せを感謝するひとときである。(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.