天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

蛇から蜂?

2016/07/25 17:55:27
蛇から蜂?
蛇のような珍しい形をした蜂の巣
 高松市塩江町の植松正男さんが先日、墓掃除に行った際、近くのイチョウの木にぶら下がるモノを見つけた。最初は蛇の皮かと思ったが、近づくとそこから数匹の蜂が…。植松さんは腕や頭を刺されてしまったという。

 とりあえず殺虫剤をかけて蜂の巣を木から外し、昆虫ケースに入れてじっくり見てみたら、やはりコブラのよう。今までに見たこともない形の蜂の巣だったので、近所の「道の駅 しおのえ」(観光物産センター)に持ち込んだ。

 店長の赤松仁志さんは、「これまでもカボチャやナスなどで変わった形の野菜を見せてもらうことはあったが、こんなのは初めて」ということ。長さ20aほどの蛇形の蜂の巣に、「どういう種類のものなのか、蜂に詳しい人がいれば教えてほしい」と植松さんも話す。

 しばらくは道の駅に展示しているそうなので、興味のある方は実物を見てみては?

(和泉 加奈江)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.