天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

男性だけで料理に挑戦 東かがわで教室

2016/04/05 19:46:58
男性だけで料理に挑戦 東かがわで教室
講師の指導を受けながら、手作り料理に挑戦する参加者の男性たち
 東かがわ市男女共同参画会はこのほど、同市引田公民館の調理実習室で、「男性の料理教室」を開催した。東かがわ署の脇洋志署長や藤田玄介交通課長をはじめ、男性と家族も含めた58人が出席。和気あいあいと、楽しく料理にチャレンジした。

 この活動は、男性や家族に料理の楽しさや大変さを知ってもらい、各家庭でも夫婦で家事に取り組んでもらうことなどを目的に毎年開いており、今年で13年目。この教室を毎年楽しみに待っている人も年々増え、調理実習室は出席者であふれた。開会には藤井秀城市長も駆けつけ、「男性が家族の一員として料理も共に協力し、温かい家庭を築いてください」と激励した。

 講師は、高松総合福祉会館内身体障害者福祉センター講師や安部ヘルシークッキングサロン主宰など、マルチに活動している安部直美さん。かつて四国新聞社の女性通信員も務めた私たちの同志でもある。

 献立は毎年、男性の意見を取り入れて決めており、本年度のメニューは巻き寿司、千草サラダ、鳥ささ身のすまし汁、桜餅とフルーツの5品。6チームに分かれてレシピを見たり、講師の先生に尋ねたりして、チームワークで次々と料理を仕上げていった。

 教室では同時に、「男性が家事に参加するメリットと呼称問題および交通安全」をテーマにした講演が行われた。男女共同参画や交通安全に関するクイズもあり、参加者は調理した食事を食べながら楽しく学んだ。

 今年初めて参加した引田老人会の井池良治会長は、「大変楽しく、おいしい料理ができた。家庭では料理の後片ずけから協力していきたい」と笑顔で語っていた。
 
 
(永峰 絹江)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.