天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

ひと足早く春の花 スミレ

2016/02/04 17:37:22
ひと足早く春の花 スミレ
小さな幸せを運ぶ春の花・スミレ
 今冬の気候は予期せぬ変動が多い。暖冬かと思えば観測史上最大ともいう寒波来襲など…。

 そんな1月下旬、まんのう町七箇の満濃池森林公園散策道で、ひっそりと咲くスミレに出合った。

 「山路きて なにやらゆかし すみれ草」。思いがけず、芭蕉の句を思い出し、心が和んだ。花言葉は「小さな幸せ」。

 スミレ(菫)は、スミレ科・スミレ属の多年草で、3月から6月にかけて、濃淡の紫と白やピンク、黄色などの花を咲かせる。北海道から屋久島まで日本列島に広く見られるとか。

 春を象徴する花として古くから人々に愛され、万葉集の中にも納められている。その一つ、「春の野に すみれ摘みにと来し我そ 野をなつかしみ一夜寝にける」。自然派詩人、山部赤人(やまべのあかひと)の名高い句である。

 今人?の私も、静かな山道で出合うスミレはやはりゆかしく、何度でも振り返ってみたい気持ちにかられる花である。(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.