天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

見てよし、味よし 善通寺さんの精進料理

2016/01/28 19:39:58
見てよし、味よし 善通寺さんの精進料理
目に鮮やか、味も楽しめる精進料理
 オリーブ中讃会の新年の会合が開かれ、メンバーが久しぶりに集まった。おりしも10年に1度の寒波が襲来中の24日、雪の舞い散る中を善通寺市善通寺町の総本山善通寺でお参り。いろは会館で近況報告や情報の交換をし、精進料理を味わった。

 いろは会館は同寺の中にある宿坊だが、一般の方にも精進料理を楽しんでもらいたいとランチを提供している。精進料理とは、魚や肉を一切使わずに調理された食事のこと。「精進」と言う言葉には仏道の修行を行うという意味があり、昔から修行僧の食事として作られてきた料理ということだが、今回のメニューは見て楽しんで、食べて楽しめる創作料理だった。

 マグロの造りはアボガド、カレイは青のりと湯葉を寒天で固めた物、焼き物には厚揚げのホイル焼きなど、見た目のそっくりに驚かされた。僧侶が修行中に食べるものとは違い、華やかで手の込んだものになっていた。

 釜めしは大師もち麦ごはん、温物は大師もち麦まんじゅうと、料理には今、同市が普及に取り組んでいる大師もち麦が使われていた。「大師もち麦」は市の特産で、豊富な食物繊維とモチモチとした食感が特徴。体にやさしい健康に良い料理とした提供されていた。

 料理は2千円と3千円の2種類。予約は1週間前までに同寺で受け付けているそうだ。(藤田 和代子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.