天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

東かがわで海浜パトロール

2015/07/29 10:31:31
東かがわで海浜パトロール
 東かがわ市引田の大池オートキャンプ場と田ノ浦海岸で、武田博東かがわ署長はじめ署員12人、藤井秀城東かがわ市長や地域安全推進委員協議会引田地区委員15人が参加して、26日午前10時から、子どもの夏休みのレジャーでの被害をなくしようと海浜パトロールを行った。

 参加者たちは、キャンプに訪れている子どたちや家族一人ひとりに安心・安全のうちわを渡し「海辺の事故に遭わないよう十分気をつけて楽しい時間を過ごして下さい」と声をかけて海辺での安全を呼びかけた。

 同市オートキャンプ場は、カヌーやボートも楽しむことが出来、場内には、バーべキューハウスやクラブハウス、ログキャビンなどを完備。中でも18区画のオートキャンプサイトは、1区画100平方メートルの広さに、乗用車2台分の芝レンガの専用駐車場スペースと芝地のキャンプスペースが配置されている。

 また、各区画にはそれぞれ外灯、AC電源、流し台、水道を完備。フリーキャンプスペースで、テントは約50張りでき、テントスペースには、外灯とファイアーサークルが設置されている。

 同キャンプ場は、大阪、淡路島、北海道、宮崎、福岡など全国各地から多くの家族らが訪れ、瀬戸内海を一望できる引田大池の湖畔で緑あふれる大自然を満喫している。

 大阪・堺から家族4人で前日から訪れている速水しょう君(12)は「日頃は、部活動でどこへも行くことが出来ないが、息抜きが出来て本当に楽しい。マーレリッコでタイを釣ったり、ハマチに餌をあげるといっぱい集まってきて、迫力があった」と初めての経験に目を細めていた。

 父のさとるさん(43)は「久しぶりに家族みんなでキャンプが出来たのでうれしい。管理人から紹介してもらった近くにあるまるちゃんのうどんの味に感動した。またぜひ来たい」と満足していた。

 同キャンプ場は、秋には管理人が育てたサツマイモ掘りやブドウ狩りが無料で楽しめる。また、キャンプ場から徒歩10分のところに田ノ浦海水浴場があり、瀬戸内海、播磨灘に面した浜辺は、波も穏やかでプライベートビーチのようなのどかな海岸。地元の人からも愛されているシーサイドの美しい海が広がっている。
(永峰 絹江)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.