天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

珍しいフタホシテントウ

2015/07/14 12:36:15
珍しいフタホシテントウ
 わが家の庭先で珍しいフタホシテントウを見かけた。体長1センチたらず、黒光りのする背中にオレンジ色の紋が二つある。

 世界には4300種、日本にも約150種類はいるというテントウムシだが、これらにも害虫と益虫があるとか。

 フタホシテントウやナナホシテントウは肉食性で、野菜の葉につくアブラムシやカイガラムシなどを食べてくれる益虫だという。

 ところが、ニジュウヤホシテントウ、オオニジュウヤホシテントウなどは草食性で、ナスやジャガイモ、トマトなど、ナス科の植物の葉を食べる害虫と言われている。ともあれ、テントウムシは昔からの人気者だ。


 チンチンチララ、チララララン…。
 とべとべとべとべ、てんとうむし…。
 おてんとさんのてんとうむし、おまえはどこにとんでくの…。
  (作詞・若林一郎 作曲・菊池俊輔)

 …しあわせ運んでやってくる…。
 おまえのくるのをまっている…。
 てんとうむしはだいすきさ…。
 (歌詞・更多更洋尽)

 あなたと私が夢の国 森の小さな教会で…
 …赤、青、黄色の…テントウ虫が…まあるい まあるいお月様… 愛のひかりで ほほえんで森の月夜は更けました
 (作詞・さいとう大三 作曲・馬飼野俊一 唄・チェリッシュ)

 昔も今も、人々に親しまれているテントウムシは、これまで多くの歌に歌われてきた。

 わが家で偶然見かけたフタホシテントウ。ナナホシのは時々見るが、フタホシはまだ見たことがなかった(私だけ?)。

 でもこれからはこのフタホシが親となり、時々は子孫の姿を見せてくれるかもしれないな。楽しみにしておこう。(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.