天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

ワラビ発生

2015/04/02 10:28:03
ワラビ発生
 まんのう町七箇の山道で4月1日、今年初めて若々しいワラビ(蕨)数本を見つけた。

 ワラビの周りには茶色っぽい松葉がいっぱいあり、その中に埋もれるような状態だった。また、近くには小さな雑草の若葉もちょっぴり生えていた。

 ワラビはシダ植物の一種で草原、谷地、原野などの日当たりのよい所に群生。酸性土壌を好む山菜という。

 春から初夏にかけ、まだ葉の開いていない若葉(葉)をアク抜きして食用にし、食通に好まれている。

 根茎からとれるデンプンを「デンプン粉」にして作るワラビ餅もよく知られるおやつの一つだろう。

 例年より少し早い発生で、ほどなくワラビ採りを楽しむ人の姿が見られそうだ。(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.