天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

男女共同参画で鴨居さん講演

2015/02/23 12:23:28
男女共同参画で鴨居さん講演
 三豊市豊中町の市民交流センターで2月18日、三豊市と三豊市男女共同参画ネットワーク共催の講演会が開催された。

 講師は西日本放送のアナウンサー鴨居真理子さん。「輝く女性を目指す〜一人ひとりが主役になるために〜」と題して講演、市内外から約200人が参加した。

 鴨居さんは、テレビやラジオで活躍。自身の経験をもとに「家庭と仕事の両立をめざして仕事をしていくには、家庭の理解が大切。家事は出来る人が出来る時にする。主人の協力のもとワーク・ライフ・バランスを実践している。子どもが小さい時は、仕事のストレスは子育てで、子育てのストレスは仕事で、と頑張ってきた」と力説した。

 また、民間放送局は男性社会。最初は、男性アナウンサーのアシスタントとして、25年経って、女性がニュースを読むようになったそうだ。

 民間放送で働く女性は、25.1%、全役付き従業員に占める割合は、12.3%。西日本放送の女性比率は17.6%。指導的地位に女性が占める割合が2020年には30%になるように取り組んでいるという。

 「女性が働き、子どもを産み育てるには、出産、子育てをしながらも働ける受け皿を作ることが大切である」と訴え「経営者が働く女性を理解することが重要。上手に活用する企業は、女性従業員の満足の高い企業である」と話した。
 
 「今日出席しているみなさんは、男女共同参画に対して意識が高い人。高齢者も高齢者自身の意識改革が大切です。そして、シルバーではなく、光り輝くプラチナへと輝いてほしい」と話していた。

 さすがミス立教、そしてアナウンサーだけあって、美人で、はきはきとわかりやすく話していたのが印象的だった。 退場する時、会場を通って参加者たちと握手すると、「ウヮー、握手してくれたわ〜」「今日の講演、男女共同参画いうてむずかしそうやったけど、ようわかったな」とみんな笑顔で喜んでいた。 
(藤川 和子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.