天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

河内小で自主防災訓練

2015/02/17 10:12:09
河内小で自主防災訓練
 三豊市山本町の河内小学校で2月8日、河内地区自主防災会(藤田利記会長)主催のふれあい自主防災訓練が三観広域消防団の協力を得て行われた。

 河内地区住民をはじめほかの地区の住民ら合わせて200人余りが参加。応急処置、担架訓練、AED(三観広域指導)、消火訓練(山本自主防災指導)、バケツリレー、土のう作り、ロープを使っての避難訓練、はしご車の避難、起震車の地震体験、炊き出しなどを行った。

 「地域は地域で守る」「自分の命は自分で守る」をスローガンに、一人ひとりが真剣に訓練に取り組んでいた。今回は、インフルエンザのため河内小学校の児童が参加できなかったのが残念だった。

 河内小学校の青野校長は「今まで自主防災会といろいろ訓練について打ち合わせをしてきたが、今回インフルエンザというアクシデントに見舞われ、校医と相談した結果、大勢の人の中には参加しないのがいいという結論になりました。今日の訓練を踏まえて、子どもたちに指導していきたいと思います」と、あいさつした。

 訓練を終え、女性部のおいしい炊き出しが振る舞われ、肉飯と具だくさんのお汁が寒さを吹っ飛ばし,身体の中から暖まっていた。起震車を体験した70代の男性は「むちゃくちゃ揺れるやんか。ほんまにこんなに揺れたらなんちゃできんのぉ」と驚いていた。

 また、はしご車を体験した60代の女性は「15メートルの高さのはしご車は初めて経験したわ〜。高いなあ〜!いろいろな救助方法があるんが、訓練してわかった」といっていた。今回の訓練を契機に防災意識が高まり,災害に対して防災、減災につながっていけばいいですね。(藤川 和子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.