天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

健康づくりの会が初詣に

2015/01/21 10:09:25
健康づくりの会が初詣に
 まんのう町福良見の福良見健康づくりの会(高齢者の会・三好勝利会長)のメンバー20人が1月15日、あいにくの雨だったが東かがわ市方面へ初詣に出かけた。

 同町のマイクロバスに乗った一行がまず詣でたのは同市中筋にある輿田寺(よだじ)。輿田寺は、四国八十八か所総奥の院で、「厄除けの寺」として有名とか。初詣の定番スポットとも言われている。

 次は同市白鳥の田の口薬師へ。ここは、行基(奈良時代の高僧、朝廷が仏教の布教活動を禁じた時代に、近畿を中心に民衆や豪族層を問わず広く仏教の教えを説き人々から崇敬された人)が開いた厄除け、病気平癒、交通安全、安産祈願などを行う日本3薬師の一つと言われている。

 さらに、標高3・6メートルで日本一低い山、御山(みやま)のある同市松原の白鳥神社に詣でた。福良見地区の氏神様も「白鳥神社」といい、祭神も同じ日本武尊(やまとたけるのみこと)というご縁から、一昨年も初参りした神社である。

 健康長寿を願う人の中には、厄払いのお札、病気平癒のお守りなどを受けた人も。「こなにようけのとこに(こんなにたくさんの寺や神社に)お参りしたんやきん、今年はええことがいっぱいあるでぇ」と、いう声もあり楽しそうだった

 「来月は梅の花を見に行きましょう。皆さん元気でまた、参加して下さいよ」。三好会長の言葉にみんなは笑顔で大きくうなづき、「お願いしま〜す」と、答えていた。

 一人暮らしの人や家族がいても仕事が忙しい家人と一緒に外出ができにくい人なども多い現状。地域の人たちと、各地へ連れて行ってもらえる健康づくりの会は大勢から楽しみにされている。

 一行はまた、大きなショッピングセンターに寄って思い思いの昼食をとり、しばし、買い物やウインドーショッピングを楽しみ、満足のひとときを過ごして帰宅した。

 地域の人たちと一緒に初詣をし、厄払いをして来た福良見健康づくりの会の皆さん(もち、私も)にとって今年一年、数々の幸せが訪れますように。(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.