天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

直島は子どもたちもアーティスト

2014/10/10 16:01:24
直島は子どもたちもアーティスト
 アートの島・直島は1年中何かしらイベントがある。9月27日に「海の駅」カボチャ広場で「なおしまアゲイン」の音楽イベントが開催された。

 フラダンス、ジャズダンス、和太鼓が子どもたち。島のバンドや学校の先生たち、香川大学の「ナオクロクローバー」や、ゲストなど若者の祭典の夏バージョンの中で、一際目をひいたのが小学校5年生の高崎日菜子ちゃん、4年生大山紗夏ちゃんの2人。

 今年3月に、東京有明で開催された「ホオラウレア ジャパン」で、2人を含むグループ(西日本で選抜された10人)が優勝。高崎日菜子ちゃんは、ベストソロリストでも優勝という素晴らしい経歴を持つ。

 2人は、それぞれ4〜5歳の時にフラダンスを始め、玉野のフラスタジオでレッスンを受けている。玉野や直島のイベントには、今や引っ張りだこの人気ぶり。

 その影響を受け、今年6月から「直島でもお母さんたちだけでなく、子どもたちを対象にしたフラダンス教室も」と、チビっ子教室が始まった。西部公民館で、月2回金曜日の夕方に大山紗夏ちゃんのお母さん・加菜子さんが指導している。

 3〜10歳まで、24人のダンサーはそれはもう可愛いの一言につきる。コンセプトは「楽しく」。人前で笑顔で踊れるのが素晴らしい。「もっと上手になりたければ、玉野のスタジオに行ってね」と、大山さんは弾ける笑顔で、保護者たちに伝えている。

 これからは、直島の子どもたちから目が離せない。アートの島の子どもたちは、いろんな面でアーティストとして育っている。(堀口 容子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.