天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

おりーぶ連 今年も楽しく

2014/08/19 17:04:23
おりーぶ連 今年も楽しく
 「さぬき高松まつり・総おどり」での一こま。「続いては四国新聞社女性通信員『おりーぶ連』です。…各ブロックの正副会長会で協議…、今年も参加を決定。このおどりで通信員たちとの親睦を深めます。『おりーぶ連』に応援よろしく!」 

 主催者の紹介放送で、華々しく登場した「おりーぶ連」。おなじみのオレンジ、ブルー、イエローなどの明るい衣装を身にまとい、思い思いの飾りを付けた面々が楽しそうにおどり始めた。

 残念ながら参加出来なかった私は、テレビの前での応援だ。後から幾度も見られるビデオ撮りをしながら…。それらを通して、おりーぶ連、総おどりの感動を記したい。

 笑顔に交り、緊張や不安顔も見られたが、みんな一生懸命。娘?孫?と踊るお母さん?おばあちゃん?たちの優しい顔。久し振りに会う友や知人を懐かしむ顔々…。老若◎女(ろうにゃく◎にょ)たちの顔が印象的だった。

 「…ご家族やお友達もお誘い合わせのうえ、ご参加を…」という同連合会からの案内を受けて参集した一行は和気あいあい、昔ながらの「盆おどり」でも楽しむ風情だった。

 踊り子らの水分補給のため、飲み物類を積んだ重い車を押し、連と一緒に移動するおりーぶ担当富山編集長の姿も写っていた。木原編集局次長も協力して声援を送っていたとか。

 暑(熱)い踊りを終えた翌々日、「動かんことには始まらん」がモットーの宮下恵子連合会会長は「通信員たちと四国新聞社との親睦を深め合う大切なチャンス、ぜひ、総おどり『おりーぶ連』への参加を…」と、呼び掛けていた。

 「今回は参加が少なかったが新しい方も5人いて、みんなで盛り上げ、弾けてくれた。『やっぱり来年も頑張る!』と言う声が聞かれてうれしかった」とは、高松ブロック会・小岩正子会長の言葉だった。

 今年も楽しく続けられた「おりーぶ連」の総おどり。「『おりーぶ』と共にいつまでも!」と願わずにはいられない。
(写真はテレビ画面の撮影です。見にくい点ほか、お許し下さい)。(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.