天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

人間力大賞グランプリ目指す毛利さん

2014/07/22 16:29:14
人間力大賞グランプリ目指す毛利さん
 小・中・高校生たちに「ピンチの時がチャンス。常に前を向いて」と、県内各地で講演する毛利公一さん(33)=観音寺市=は、今年の「高松人間力大賞」に選ばれ、全国にこまを進めて「日本人間力大賞」ファイナル10に選出された。

 6月中旬に東京ミッドタウン前のオープンスペースでプレゼンテーションを行い、経営者、支援者、当事者の三つの立場から自分を分析して発表した。

 「185人の中から10人に選ばれてビックリ。ここまでこれたのは支えてくれた周りの多くの人たちのおかげ」と満面笑顔の毛利さん。10年前、渡米先のビーチで事故に遭い、四肢完全マヒと診断され、医師から「一生ベッド上の生活」と言われた。

 「必ずもう一度立って歩く。世界初になる」と、リハビリに挑戦。数々の苦難を乗り越え、6年前の3月に居宅訪問介護サービス「ラーフ」を立ち上げた。障害者支援施設「やまもも」、発達障害者の地域支援センター「ウィズ」を次々と設立。障害者が主人公のファッションショーやふれあい夜市などイベントにも力を注いでいる。

 横浜市で開催される「第28回人間力大賞グランプリ発表会」へ出発する前に毛利さんは「地域の中で選ばれる法人を目指すには、人材育成が欠かせない。この町で住んでよかったと、みんなから喜んでもらえるように努力したい」と声を弾ませていた。(大東 恵子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.