天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

二つの花をつけた珍しいハス

2014/07/18 11:39:17
二つの花をつけた珍しいハス
 高松市の栗林公園北庭の芙蓉沼では大小の緑葉がカーペットを敷いたよう。その上に、淡いピンクや白のハスが次々と咲き、訪れた来園者たちを優しく神秘的な世界へいざなっている。

 四国新聞の毎週火曜日に園内のハスを紹介した記事が掲載されており、カメラを手にした観光客が増加しているという。

 先日、岸辺近くにある葉の間に、50年に一度咲くという噂のハスの花がそっと咲いていた。1本の茎から両サイド二つの花をつけた珍しいものだ。

 大きく花びらが開いているときは、二つあると区別がつきにくいが、夕方に花が閉じ始めるころだとよく分かる。二つは凛として見えた。「公園80周年記念に」と、この珍しい二つの花がプレゼントされたようだ。(斎木 秀子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.