天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

我慢したのは「石」

2014/07/01 12:03:30
我慢したのは「石」
 「石の上にも三年…」。ある病院の待合室で何げなく開いた本の活字が目に入った。よく聞く言葉だ。だが、続く言葉に驚かされた。「三年も我慢したのは石のほう」とあった。

 どんなに苦しくても、大変でも、じっと辛抱すれば必ず報われる。今は耐えろ、石の上にも三年というじゃないか。そんな忍耐力の大切さを訴えている言葉だと、単純に解釈していたものだ。

 だが、三年(長い間)も、人を座らせている「石」のこと。あまり考えてはいなかったっけ。もし、「石」が「もう、いやだよ!」と、どこかへ行ってしまったら?「ストーン!」と人は転げ落ちてしまうだろう。「痛い!」だけでは済まされない大ごとになったかもしれない。

 「石」とは多分、支えてくれている「人、物、その他いろいろ」を指しているのだろうな。そのおかげで、長い間じっと座っておられるんだ。

 耐えて(頑張って)いる自分は、多くの人や物、気付かない諸々(もろもろ)の力に支えられている。「だから今があるんだよ。感謝の気持ちを忘れないで」だな。それを再認識させてくれた言葉「三年も我慢したのは石のほう」だった。(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.