天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

55歳からのハローライフ・アゲイン

2014/06/30 11:45:03
 村上龍氏の「55歳からのハローライフ」について、このおりーぶ通信にエッセーを寄せたのが約1年半前(よろしければ2012年12月21日付の「さんぽみち」を参照してみてください)。

 このたび、待望のドラマ化ということで、わくわくしながら第1話の「キャンピングカー」を見た。小説とはまた違った味わいがあるが、それ以上に今のわたしの置かれた環境と対比させることによって、いっそう面白みが増した。

 オットがまさに昨年の3月末、この主人公と同じく早期退職をしたからだ。

 主人公には、「退職後にキャンピングカーを買って妻と旅をする」という夢があった。しかし、彼の妻は「自分の時間を大切にしたい」と、その計画に同意してくれない。

 そうして主人公は、再就職を試みるがうまくいかず、ついに心の平衡を保てなくなってしまう。

 再就職するくらいなら早期退職などしなければいいのに…と思うのは、わたしだけではないだろう。それまで仕事一筋だった主人公は、妻とのコミュニケーションが希薄になっていたに違いない。

 そうはいっても、やはり長年連れ添った夫婦の絆は強かった。心が折れかけた夫に、「キャンピングカーで旅に行きたくなったわ」。妻はやさしく耳元に告げ、夫はキャンピングカーよりも大切なものを手に入れる。
 
 わたしにはドラマのような展開は何もなく、以前と変わらない日常が続いている。強いていえば、オットが家事を手伝ってくれるようになり、意外な才能を再発見したりして、ほどよく楽しい充実した時間を過ごしている。
(和泉 加奈江)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.