天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

直島町体育協会がテーピング講習会

2014/06/24 13:42:42
直島町体育協会がテーピング講習会
 直島町の西部公民館で6月21日午前9時過ぎから、高松の「フモト接骨院」(麓篤敬院長)の指導で、テーピング講習会が開催された。

 日頃スポーツでけがなどをしたりする事もあるため、スポーツ推進委員や体育協会の会員約20人が参加。バレーや野球などで捻挫や突き指をした時のテーピングの仕方や、膝・腰・肩を痛めないための予防体操などユーモアあふれる、麓院長の会話術で2時間の講演は、アッと言う間だった。

 肩を痛めていた会員も、少しの施術で「あれっ? 痛くない」と喜んだり、講演が終わってからも、痛みのある会員が個別に指導を受け、質問攻めに。次の予定があるため、午前11時半の船で帰らなければならない麓院長は、ギリギリまで丁寧に参加者の質問に答えていた。

 直島町体育協会の渡辺兼一会長は「今後定期的にテーピング講習会を開催し、会員の資質向上を図りたい」と、計画を練る予定。この日は、2時間テーピングのモデルとなった渡辺会長は「テーピングの仕方を覚えて、いざという時に備えたい」と話していた。

 麓院長の「痛いところをさがさない。なるべく病院には行かないよう、日頃からクールダウンをしっかりして下さい」との言葉にみんな納得していた。(堀口 容子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.