天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

幼児がオーケストラ鑑賞

2014/03/17 12:26:32
幼児がオーケストラ鑑賞
 「幼児のための音楽鑑賞会」が2月28日、高松サンポート大ホールで開催され、県内の幼稚園児らがオーケストラの奏でるレベルの高い演奏に耳を傾けた。

 香川県学校リード器楽連盟(藤本和道会長)が、連盟に加盟する県内26の幼稚園、保育園の年長児約800人、保護者、招待者ら約200人を対象に開いた。

 藤本会長(60)が指揮を担当、オーケストラは瀬戸フィルハーモニー交響楽団40人の二管編成。音楽鑑賞会は、ウィリアムテル序曲「スイス軍の行進」で開幕、鍵盤ハーモニカとオーケストラのコラボレーション、オーケストラと一緒に歌おうなど楽器紹介を交えながら、親しみやすい多彩なプログラムが繰り広げられた。

 園児の中には、オーケストラを初めて見聞きする子どもがほとんどで、1時間あまり本格的な演奏に目が釘付け。一緒に歌いながら大きな拍手を送ったり、歓声を上げて喜んでいた。

 参加した保護者たちもみんな感動した様子。「素晴らしかった」「本格的なオーケストラはさすがに内容が違う」「また澄みきった音色を聴いてみたい」などと、口々に喜びを語り合っていた。また、大向こうからかわいい「ブラボー」の掛け声もあり、会場に笑いを誘っていた。

 藤本会長は、高松市出身で、東京都在住の音楽教育家。「出来、不出来でなく、音楽の楽しさ、素晴らしさを幼児期から身に付けることができるよう指導に心がける」が信条。36年間、全国でハーモニカ、鍵盤ハーモニカ、アコーディオン、打楽器などリード楽器の演奏指導を続けている。(坂東 玲子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.