天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

ニワトリ目線で見る直島の風景

2014/03/11 10:27:16
ニワトリ目線で見る直島の風景
 直島の家プロジェクトのあるカフェや美容室で、細見博子さんの造形作品展が開催されている。3月30日まで。

 「金鶏の春、瀬戸内の春」をテーマに、錫(すず)とガラスを融合させた不思議worldが展開。ニワトリや河童(かっぱ)、金魚、カエルなどが、細見さんの物語の中で「ヨミガエルプロジェクト」として旅人や、住民を楽しませている。

 細見さんは「一言一会の時間が生じればいいな、と思ってます」と、アーティストなのに人懐っこい笑顔で話す。

 おうちの形をしたリーフレットの中に、「わたしは訪れるたびに、ここの場の空気にアーティストとしても個の人間としても癒やされる。ここは、安心感があり、幸福感があり、爽快感があるのです」とある。

 住民の一人として、とてもうれしい褒め言葉として受け止めている。バンブービレッジは、私の親友のお嬢さんがオーナーで、その友達が細見さん。そして、チャッカリ私も友だちに。友だちの友だちの輪が広がっている。

 直島を訪れる旅人は、宿でもカフェでも美容院でさえ友達になれる不思議な島だ。

 「古いモノと新しいモノの融合が連鎖し、織りなす場に立つ『ここ』を体験し、なんだかわからないけど『コレデイイノダ』と不思議に納得する感覚を味わっていただきたい」とも、細見さんは表現している。

 11日から1週間は、細見さんも直島に滞在している。ぜひ人懐っこい笑顔に接し、不思議体験をしに直島を訪れてはいかがでしょう。そして、友だち作りに出かけてみても良いのでは?
(堀口 容子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.