天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

無病息災願いとんど焼き

2014/01/16 14:13:53
無病息災願いとんど焼き
 三豊市仁尾町の賀茂神社で1月14日、氏子たちの無病息災を願う新春恒例のとんど焼きが行われた。

 とんど焼きは、正月のしめ飾りや古くなったお札などを持参、1年間のお礼の気持ちを込め、焼いてはやす行事。

 賀茂神社では、昔から正月の14日は、とんど焼きの日と決まっており、氏子たちは、しめ飾りや厄年の大きなお札、門松、古くなった神棚などを持って、境内に集まった。

 午前6時ごろから火を付け、正午ごろまで氏子たちが次々と境内へ。火の管理は宮司や世話人が務め、火は絶えることなく燃え続けていた。

 供えていたもちを、この火で焼いて食べると、1年間風邪をひかないと伝えられている。また、灰は持ち帰って屋敷の周りにまいておくと、長虫が入ってこないといわれており、容器を持参して持ち帰る人も。古くからの言い伝えが今でも受け継がれている。(田井 あい子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.