天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

幻想的なウインターファンタジー

2013/12/13 10:02:48
幻想的なウインターファンタジー
 クリスマス前のキラキラした街の雰囲気が、幼い頃から大好きだった。半世紀以上生きてきて、それは今も変わらない。

 毎年1〜2回、東京に住む息子のところへ行っているが、いつも身軽に行ける暖かい季節を選んでいた。が、今回は思い立って12月に行ってみた。東京のクリスマスイルミネーションの話題につられて。

 日没を待って原宿・表参道へ。ケヤキ並木にきらびやかな光が灯り、その流れに沿ってたくさんの人たちが歩いている。自分もその中にいるが、思っていたほどの感動はなかった。少し離れた場所から眺める方が綺麗なものなのかもしれない。

 その話を高松に戻って知人にすると、「国営讃岐まんのう公園」を勧められた。遠いと思っていたが、ナビを頼りに車を走らせると40分ほどで到着。あたりが暗くなり始めた頃、エントランスの大きなクリスマスツリーに光が灯る。家族連れやカップルたちから歓声が上がった。

 順路を進んで行くと広大な丘陵地に、赤・黄・緑・青の光のじゅうたんが広がる。幻想的で美しい。光のトンネルも心が和む。

 わざわざ遠いところへ行かなくても、身近にこんな素敵な場所があったとは!まさしく「灯台もと暗し」。

 ホームページによると、まんのう公園ウインターファンタジーは来年1月5日(日)まで開催。12月17日(火)と29日(日)〜31日(火)は休み。(和泉 加奈江)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.