天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

玉藻公園ライトアップの中に…

2013/11/01 12:22:45
玉藻公園ライトアップの中に…
 瀬戸内国際芸術祭も残すところあと4日…。

 ホームページをのぞいてみると、連携事業として玉藻公園では「夜感無料」(夜間と表記しないところがオシャレ)と銘打って11月4日まで午後5時から9時まで無料開放している(10月中は5時半から)。

 玉藻公園は小学校の遠足で訪れ、おにぎりを池に落としてしまった記憶と、中央公園ができる前、高松まつりのメーン会場として賑わっていた思い出があるが、最近はめっきり足が遠のいていた。

 日が暮れた公園内では、道に置かれた行灯(あんどん)風ライトが道案内をしてくれる。それに沿って歩いていくと、メーンの披雲閣庭園のライトアップ&ミストに目を奪われる。手入れの行き届いた松がライトに映え、根元には白いスモーク(ミスト)。幻想的な世界が広がっていた。

 このあたりで、ところどころ飛び石の上に「関守石」という直径10〜15センチほどの石に黒縄で十字に結んだものが置いてあるのに気付く。

 説明文には「これより中に入ることは遠慮されたし」という意味を持つものだとある。早い話が「立ち入り禁止」ということだが、なんと奥ゆかしく、さりげないやり方だろうと思う。立て看板や今時ならコーンを置くところだが、景観を遮ることのない美しさを感じた。

 遠い昔の高松城に思いを馳せながら散策することで、思いがけず人の心のぬくもりに出あった気がした。(和泉 加奈江)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.