天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

国産木材で工作教室

2013/08/22 14:50:59
国産木材で工作教室
 まんのう町七箇の満濃池森林公園内、森林学習展示館で8月18日、夏休み企画「国産木材で工作教室」が開かれた。同公園自主事業促進協議会と香川県造園事業協同組が開いた。

 この日は、地元まんのう町をはじめ、琴平町、高松・丸亀・三豊市などの親子連れ、夫婦ら54人が参加。セミしぐれが聞こえ、木目板(もくめばん)が張られた部屋で、自分だけのオリジナル時計作りを楽しんだ。

 国産杉材のキットを組み立て、同公園が準備した木の実や枝、幹、カラーマジック、絵具、接着剤、諸器具などを駆使。発想豊かなデコレーションを工夫した。

 市の広報を見て、夫の智行さん(41)、長男晴喜君(坂付小1年)と初参加した丸亀市の多田晃子さん(37)は、二男の結喜ちゃん(5カ月)を片手に抱き、片手でキットを組み立てながら「木の匂いには癒やされます。木目の建物自体、触ることもあまりなかった」と、満足げだった。

 「にぎやかな工作教室になりました」と言う同公園の高橋成法(しげのり)副所長は、「参加者から@自分で思ったようにできて楽しかったAいろんなデコレーション材料、器具があって楽しかったB自分で作って、家で使えて、思い出になる…など、うれしい感想をたくさんいただいた。今後とも、皆さんに愛されるイベントを心がけていきたい」と、笑顔で話していた。(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.