天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

我慢比べのトンボ撮り!

2013/07/10 11:23:53
我慢比べのトンボ撮り!
 「あらっ、トンボ!」。梅雨の晴れ間の蒸し暑い朝、青汁配達の合田さんが驚いた声を上げた。

 「ほんと! 雨が止んだからかな?」と私。体の薄青い約5センチほどの小さなトンボだ。コイの泳ぐ泉水の中、枯れた花が付いたアヤメの茎先に止まっていた。シオカラトンボのようだ。

 合田さんが帰った後、さっそくカメラを持って飛び出すと、まだいた!。「撮れるかな?」。泉水に掛けてある金網の上にそーっと上がり、トンボに近づいた。スイッと飛んで行ってしまった。

 しばらくじっと待っていると、また同じ所に来て止まった。息を殺してカメラを向けたとたん、また飛び去った。「やっぱりなぁ!」と、金網から下りて、振り返ると、また止まっているではないか。「残念!」。再び、慎重に元に戻ったが、もういなくなっていた。

 「よしっ、今度は長期戦だ」と、金網の上に座り込んでじっと待っていると、また同じ茎に止まった。でも私は無視をした。♪止まっているよ 竿のさき♪ではないが、彼はよほどここが気に入っているらしい。私もカメラを向けず、じっと我慢の子を通した。
 
 どのくらいたっただろうか。まだいる! ちょっと体を動かしてみたが、トンボはじっとしていた。また、動いてみたが止まっている。カメラを向けてみたが、いっこうに飛び去らない。

 一枚目、OK!。まだいる。少しずつ腕を伸ばしながら何枚かシャッターを切ったが飛び去らなかった。何だか友だちにでもなったような気がしてうれしくなった。

 「我慢比べのトンボ撮り!」だったかな?。それにしてはあまりうまく撮れなかったけどなぁ。
(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.