天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

親子で大豆育て健康に

2013/06/18 11:56:29
親子で大豆育て健康に
 まんのう町七箇、中山の畑で6月15日、県内の親子20組40人が大豆の苗860本の植え付け作業にさわやかな汗を流した。

 「大豆は良質タンパク源。健康問題は大豆が解決してくれる。その素晴らしさを知ってもらおう」と願う大塚製薬が、地元マルヨシセンターとの合同イベント企画「親子で大豆を育てよう」の一環行事とか。

 時折降る小雨に、「梅雨だったんだ。苗植えにはちょうどいいね」と、恵みの雨の中、馴れない手つきながら親も子も真剣な表情で頑張っていた。

 さすが定員の3倍以上(70組)が応募した親子の中から選ばれたメンバー。大切に苗を持ち、決められた自分の植苗場所のマルチに丁寧に穴を開け、真っ直ぐに植えていった。

 この日植えた苗には各人の名前札を添付。植苗者が遠方のため、以降の管理と成育過程の写真撮影は同地区の営農団体に委託される。その様子は順次、インターネットで見られるようになるとか。

 9月には、全員が再度ここに来て大豆を収穫。同時に大豆を使った料理教室を開き、大豆に親しみ、大豆への認識を深めてもらう予定という。

 高松市から母雅代さんと参加した栗林小2年の松岡理沙さんは「土が硬かった。でも、だんだん上手に植えられてよかった」。父将夫さんと参加した亀阜小4年の福田葉陽さんは「植えるのは初めてだったが、楽しかった」などと話してくれた。

 緑に囲まれた広い丘陵地帯。親子で植えた思い出の大豆に、かわいい花が咲く日もそう遠くはないだろう。(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.