天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

中国飲茶教室楽しむ

2013/06/14 12:05:51
中国飲茶教室楽しむ
 三豊市豊中町保健センター調理室で6月1日、三豊市国際交流協会が主催する国際理解講座「中国飲茶教室」があり、50人の参加者が楽しみながら飲茶を作った。

 この企画は、世界のさまざまな料理を味わってもらうため、毎年いろいろな国の料理を紹介する人気講座。今回は会員から「飲茶に興味があるので教えてほしい」とリクエストがあり、三豊市の友好都市である陝西省三原県から国際交流員として派遣されている李会平さんを講師に招いて開催された。

 お料理を作る前に中国の食について大きな地図を使い、各地方の中国料理やいろいろな中国茶についての講義があった。飲茶とは“点心”と呼ばれる、蒸し餃子やデザートなどの軽食を食べながら中国茶を楽しむ食事スタイルだそうだ。

 いよいよ調理実習開始。李さから作り方の説明を聞いたあと、8〜9人が1グループになってみんなで協力しながら仕上げていく。難しいのは餃子の皮に具をきれいに包むこと。みんな悪戦苦闘しながらなんとか包んだが、いろいろな形に出来上がった。違った形にできたのも楽しく、ゆでてしまえばたいして差もなく、どれもおいしくゆであがっていた。

 ほかには、たたきキュウリ、中国粥を作って試食。おいしい中国茶もたっぷりいただいた。三野町から参加した泉唯起子さんは「一人で参加したけど、皆さん親切で楽しかったです。おかゆの上にいろいろトッピングするのが面白かった」と楽しそうに話していた。(前山 由美子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.