天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

バラ作りに情熱

2013/05/30 17:10:19
バラ作りに情熱
 東かがわ市伊座の岡本進さん(70)と妻の繁子さん(69)が育てた約60種約80本のバラの花が甘い香りを漂わせている。地域や口づてに聞いた人たちや進さんが経営していたうどんの人気店「権平うどん」の常連客たちが連日、家族連れらで訪れ、色とりどりの美しさとかれんな美しさにじっと見入って感嘆の声を上げている。

 進さんと繁子さんはこのほど、30余年経営していたうどん店を退いた。その後、大の花好きな繁子さんが、孫の世話も一段落した5年ほど前から数本あったバラの花を増やそうとインターネットや近くの花店、生協などから取り寄せ、挿し木をして次々と増やしてきた。

 朝の水やり、傷んだ花摘み、施肥、予防、床土換えなど丹精込めて世話をしている。ラ・フランス、ヒース、アイスバーク、ミニバラ(赤、オレンジ、黄色)、オフイーリア、ザ・ダークレデイなど数え切れない種類のバラが咲いている。

 観賞に訪れていた長尾勝子さんは「見事な香りと良い色と元気そのもののバラに元気をもらいました。育てるご苦労を感じます」と、感動していた。

 自治会の「サロン里楽す」も、このほど行事を開催した後、バラの観賞会を開いて訪問、見事な大輪のバラの美しさに「うわー、すごい」の声が飛び交っていた。

 進さん・繁子さん夫婦は「バラの花を見ていると、とても落ち着きます。大勢の人に見ていただいて、喜んでもらうことが、とてもうれしい。これから体力の続く限り育て続けたい」と、バラ作りに情熱を燃やしていた。(永峰 絹江)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.