天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

高齢者が事故防止策学ぶ

2013/05/16 11:23:24
高齢者が事故防止策学ぶ
 三豊市の財田大野地区社会福祉協議会(三好康則会長)が5月14日、財田大野改善センターで交通事故防止や振り込め詐欺防止をテーマにした講演会を開き、地域の高齢者ら42人が参加した。

 長瀬駐在所の今西徹夫さんを講師に迎え、「高齢者の交通事故防止と振り込め詐欺の防止策」について、DVDを使ってわかりやすく説明してくれた。

 交通事故防止では、横断する時は
 ・車が通りすぎるまで待つ
 ・横断歩道を渡る
 ・止まって安全確認をする
 ・左側にも目配りをして渡る

 また、高齢者の死亡事故防止については、
 ・横断歩道以外の横断はしない
 ・車両前後の横断はしない
 ・夕暮れ時の夜間の発生が多いので、反射材を着用する

 香川県は交通事故ワースト1だが、参加者はきょうの講演を聞いて、財田大野地区は交通事故ゼロになるよう誓い合った。また、振り込め詐欺の防止策については、「誰でもだまされる可能性がある。うまい話には裏がある。DVDでみた詐欺の手口を知って、警戒心を持ち被害にあわないようにしよう」とアドバイスを受けていた。

 また、最近「架空請求・還付金詐欺といった手の込んだ振り込め詐欺が増えたので、相談の時は『#9110』へ連絡しましよう」とやさしく説明していた。

 参加者は、「きょう来てよかったなぁ〜。いろいろ知っとったら、だまされんけんなぁ」「孫や言われたら心配になるがなぁ。信じるしなぁ。合言葉ちゅうもんを決めとかないかんなぁ」「きょうの話を聞き、財田大野地区は安心安全な町となるでしょう。今西さん、これからも地域のためによろしくお願いします」などと話し合っていた。 

 講演会終了後、ぎおん団地「楽遊会」の会員13人がホウ酸だんご作りをした。今年は早く暖かくなったので、ゴキブリが出て来る前に作ろうと770個のだんごを作った。作っている間にカレーを煮込み、講演会の話などをしながらみんなで楽しく会食。今年は団地にゴキブリは現れないだろう。(藤川 和子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.