天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

キンラン ついに満開

2013/05/13 12:26:07
キンラン ついに満開
 キンランの花が、無事満開になった! 茎の頭頂部に付いていた7個のつぼみ全部が開いたのだ。

 草丈約40センチ、膨らみかかったつぼみを付けたキンランを発見し、感動したのは、その7日前の4月30日だった。

 まんのう町七箇の県営満濃池森林公園散策道でのこと。人通りはまばらだが、「花はいつ開く? それまで無事に立っているだろうか? あまりにも道端にあり過ぎる。心ない人に手折られはしないか?」と、心配だった。

 3日後、ついに1輪が、その翌日には2輪目が、さらにその翌日には4輪の花が咲いていた。次の日には6輪になり、満開の7輪になったのはその翌日、5月7日だった。

 つぼみの発見から満開までの日々は、毎日気がかりの連続だった。「今日は?」「あった!」。「今日は?」「あった!」の繰り返しだったが、その時はいつも、歩行者3、4人には出会っていた。

 自然を、花を愛する人ばかりだったのか? それともキンランが目に入らなかったのか?(失礼)。とにかく花7輪、7日目の5月7日に、満開の日が迎えられてうれしかった。(いくつの「セブン」に支えられた楽しい出来事だっただろう)。

 かつては、県内にも広く分布しており、ある程度見られたそうだが、近年では里山の管理放棄や園芸採取により、産地、個体数ともに激減。1997年には環境省も、県も絶滅危ぐU類に指定している貴重な花とか。

 明るい場所で見ると淡い黄色の花だが、木もれ日に照らされて輝く様は金蘭(キンラン)の名にふさわしい美花になる。

 静かな林道でひっそりと咲き、人々の心を癒やしてくれるキンランは「控えめな心」という花言葉をもつとか。みんなで大切に見守りたいものだ。(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.