天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

メイパムで割れ茶会

2013/05/07 10:48:21
メイパムで割れ茶会
 土庄町のMeiPAM(メイパム)(柳生忠平代表)はこのほど、美の巡礼たちへお接待「割れ茶会」を催した。

 何かの理由で割れたり、弾みで欠けた茶碗を修復して生き返らせ、再生した物だ。`島庸二氏の企画で、破壊した茶碗を再生させた見事な芸術作品に、参加者は感嘆の声を上げた。

 「破壊と再生」の茶器は金継ぎ技法で侘びのある茶道具に生まれ変わる。東日本大震災で割れた多くの茶碗も修復され、茶会で愛好者を楽しませている。

 今回のメーン「割れ茶会」では、3・11の被災者の一人、福島在住の会田悦子氏の作品。破壊されてしまった自作の茶碗を金継ぎによって再生した茶碗を用いる「侘茶」ならぬ「割れ茶会」だ。

 つなぎ目に漆を流し、金箔で仕上げた抹茶碗は見事で、とても修正した物とは思えない。メイパムでは「割れ茶会」をこのあと、7月20日、10月5日、6日の午後3時から催す。場所はメイパム2、参加費3百円。`島庸二作「文明の貝塚」同時開催。(新城 周子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.