天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

珍し ショウジョウバカマ

2013/04/25 13:31:27
珍し ショウジョウバカマ
 三寒四温、まだ春の定まらぬまんのう町の満濃池森林公園の散策道で、紫色の花、数本に出合った。崖状のやや高い面に沿って咲き、私にとっては珍しい花だった。

 毎年よく歩く道なのに、こんな花を見たのは初めてのこと。草丈は7、8センチから10センチ。広い線形の葉は根元にロゼット状で平らに広がっている。茎の先端に咲いた花は横向きで、3から5個の小さな花が総状に集まって一つの花のように見える。

 調べた名前は、ショウジョウバカマ(猩々袴)。花の色は生育場所によって紫色、淡紅色、白色などがあるとか。紅色が中国の伝説上の動物、猩々の顔の色に、根生葉の重なりが袴に似ていることからこの名前が付いたと言う説もあるそうだ。

 名前を聞いたことはあるが、見たことはなかったショウジョウバカマ。こんなに身近な所にあったなんて思ってもみなかった。

 そこは、崖のような切り立った砂地で滑りやすく、カメラにも納めにくい場所に加え、少し花期を過ぎていたが、さわやかなたたずまいだった。

 ユリ科・ショウジョウバカマ属の多年草で、別名カンザシバナ(簪花)。頭に挿す飾りの花だろうか。花言葉は「希望」と言う。(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.