天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

霜の中からツクシの子

2013/02/26 10:23:30
霜の中からツクシの子
 2月25日の午前7時過ぎ、まんのう町福良見の休耕田の土手で、冷たい霜を被ったスギナの中からツクシが2本、小さな頭を出していた。

 1本は約1センチ。それでも、はかまが2段ある普通の姿だったが、もう1本は少し裂けた頭の部分だけが見え、中から薄緑色の胞子?らしいものがのぞいていた。

 “ツクシ誰の子、スギナの子”と言うが、ツクシはスギナと地下茎でつながっており、春ではなく、春らしくなって来たころに伸びてくるとか。

 道理で三寒四温、この日の最低気温がマイナス3・1度(財田町、午前6時43分、高松地方気象台調べ)という白い霜の中からも春を知って現れた小さなツクシ。心和むひとときをもらった。

 ツクシが食卓にのることはよく知られているが、スギナも若苗を刻み、つくだ煮のように炒めるとお茶漬けやお酒のあてになるとか。また、スギナ茶には利尿、解熱、せき止めなどの効果があると言われている。(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.