天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

「早春」テーマに折り紙雛人形展

2013/02/08 16:57:59
「早春」テーマに折り紙雛人形展
 まんのう町神野のかりん会館で「早春」をテーマにした「折り紙雛(ひな)人形展」が開かれている。

 日本折紙協会香川支部のメンバーと、同所のビッグフットで折り紙を楽しむ仲間たち十数人が心を込めて折ったお雛さまや春を告げる花々など、数多くの作品を展示している。

 赤い毛氈(もうせん)を敷きつめた雛段に並んでいるのは「大豆雛」。金びょうぶを背に、和紙折りの衣装を付けたお雛さま、三人官女、五人囃子(ばやし)、全十人?の顔はみな大豆。楽しいアイデアが見る人のほほ笑みを誘う。

 色紙(しきし)に取り付けられた華やかな「春日雛」は、考案者である高知県在住の折り紙作家・川井淑子さんから、直接学んだ仲間の作品とか。

 丸いお盆の雛台に飾られた各小さな折り紙のお雛さま、びょうぶ、左近の桜、右近の橘(たちばな)、三人官女、五人囃子。これらのすべてを折りたたんで小さな箱に納める仕組みの「雛ぞろい」も見られる。

 他にも、はまぐり雛、立ち雛、貝合わせなど。折り紙雛たちが来場者らを温かく迎えてくれる。さらにタンポポ、チューリップ、スイセン、モモ、イチゴなどカラフルな折り紙作品が春の訪れを告げている。

 「折って遊んで 飾って楽しい」とし、1枚の紙からさまざまな形を作り出す喜び、それを人に伝えていく喜びを楽しんでいる仲間たち。その指導者で、同町在住の日本折紙協会香川支部講師・今田八重子さんは「いろいろな作品から、春に向かっていく温かさを感じとってほしい」と話していた。

 同展開催は2月17日(日)までの午前9時〜午後5時(最終日は午前中)。水曜日休館。問い合わせは〈0877(75)0200〉まで。(香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.