天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

55歳からの…

2012/12/21 11:28:24
 これまで、新聞の連載小説というものは読んだことのなかったわたしが、生まれて初めてこれにハマった。

 まずタイトルの「55歳からのハローライフ」という字面にひかれた。わたしが、ほぼ55歳であることと、恥ずかしながらうっかり「ハローライフ」を「ハローワーク」と読み違えたこと。連載開始の頃、ちょうどハローワークへ通っていたわたしは、作者が村上龍さんであることも手伝って初読者になった。

 最初は5部構成だと知らなかったので、まさに5倍楽しむことができた。「早く次が読みたい」と思わせる作家の心憎いテクニック。新聞が毎朝楽しみだなんて今までにないことだった。

 年齢を重ねることは、やはり一抹の寂しさを伴う。憤りや、やるせなさ、惜敗感などの中にも、常に前を向いていく姿勢が一番大事だということを、この小説は教えてくれた。読後の感想は、ひとことでいうと「さわやか」。

 一昨日、紙上でこの小説が1冊の本になったことを知り、またあらためて読みたいと思った。もし、読んでない方々にもぜひ手に取ってもらいたいと思う。さわやかで、前向きな気持ちになれるはず。

 来年早々、わたしも55歳。「GO!GO!」と、どこからか掛け声が聞こえてくる。(和泉 加奈江)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.