天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

ヘビを表現した樋笠幸三えと展

2012/12/19 11:57:04
ヘビを表現した樋笠幸三えと展
 第6回樋笠幸三えと展が、坂出市川津町のフケプロダクトで1月15日まで開かれている。作品数は約50点で、屏風大のものから色紙、短冊、はがきなどさまざま。

 善通寺市出身の墨アーティスト樋笠幸三さん(72)は「子どものヘビ、女性のヘビ、毒ヘビ、怖いヘビ、やさしいヘビなど、いろいろなヘビを想像しながら、ヘビという文字を借りて表現した。縁起の良いヘビということで、良い年にしたい」と話していた。

 えと展を見に来たある女性は「墨のにおいが好きで、日本人のDNAがくすぐられる。ヘビ年の孫のために、作品を買って帰りたい」と話していた。

 また、同時に12月24日まで、名物かまど坂出駅南口店・かまどホールで“黒白の世界樋笠幸三展”が開催されている。

 えと展の開催は、午前9時から午後5時まで。12月29日から1月3日までと毎日曜日は休館。問い合わせは、フケプロダクト〈0120(07)0044〉まで。会場は、坂出市川津町3829-2で、国道11号、坂出インター付近の赤いカバの看板を南へ入ってすぐのところ。(合田 尚美)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.