天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

園児、児童対象に人権教室

2012/12/14 14:45:57
園児、児童対象に人権教室
 人権週間を前にした12月3日、三豊市山本町の大野幼稚園(小野美智子園長)の園児49人と大野小学校(福本常雄校長)の児童111人を対象に、同小学校体育館で人権教室が開かれた。

 教室には地元の人権擁護委員6人が参加、ウオーク・バルーン人形の「人権まもるくん」と「人権あゆみちゃん」が登場して寸劇を披露した。

 まもるくんとあゆみちゃんは「人権は一人ひとりが人間らしく生きるための権利。命を大切にすること、みんな仲良くすることなのよ。自分が言われたり、されたりしていやなことはしないようにしょうね」「お友達を傷つけてしまったら、『ごめんね』と言えますか? 言える人は手をあげて。言える人は勇気がある人ね。言えない人もこれからは勇気を出して言いましょう」と人権について分かりやすく説明した。

 さらに「相手の事を少しでも考える気持ちがあれば、いじめは減り学校生活が楽しくなるよ」「いじめはしない・させない・みのがさないが大切で、いじめをみているだけでもいじめになるのよ〜。勇気をだして『やめて〜』と言いましょう」「悩みがあれば、一人で考えないで、先生やおうちの人、そして人権擁護委員の人に相談してね」と、いじめが悪いことだと訴えた。

 まもるくんとあゆみちゃんは子どもたちにやさしく分かりやすく解説しながら、人権啓発。子どもたちはまもるくんとあゆみちゃんの会話に真剣に耳を傾けていた。(藤川 和子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.