天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

園児とお年寄り 秋の楽しみ

2012/11/05 15:37:04
園児とお年寄り 秋の楽しみ
 高松市鬼無町の鬼無幼稚園(百相壽子園長)の園児と、同町の老人会寿クラブ(田所雪子会長)のメンバーは、年8回の交流行事を行っている。

 日常の知恵や地域の伝統を教え、園児たちに豊かな経験をさせようと、野菜や花苗の植え付け、掃き掃除や拭き掃除の仕方、もちつきなどをしている。子供たちが作ったカレーライスの会食をしながら、会話もどんどん増えていくという。

 園庭で花木が風に揺れる秋の日、チューリップの球根の植え付けとサツマイモ掘りが行われた。チューリップの球根を2球ずつ選んだ園児らは、寿クラブのメンバーに手伝ってもらいながら、自分の鉢に植え付けをした。

 近藤柚希ちゃん(年長児)は「土がふかふか」と丁寧に土をかぶせて、「春になったらね、ピンクと赤が咲くからたのしみ」と、水をたっぷりとかけていた。

 畑では、年少・年中・年長に分かれて陣取りサツマイモ掘り。小さいスコップを手に土を掘り起こし、サツマイモの姿が見えると「あったー!」と、思わず素手で土をかき分け引き抜く園児も。

 「大きい」「小さい」と、サツマイモを手にするたびに歓声が上がった。手や服を土で汚しながら、春の楽しみと秋の収穫の喜びを味わっていた。

 鬼無町では、今年8月からたびたびイノシシが現れている。畑のサツマイモが荒らされてしまったという寿クラブの四宮清子さんは「焼きイモにして、みんなでおいしく食べてね」と、無邪気な子どもたちの姿に目を細めていた。                                      (横倉 ゆみ)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.