天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

秋一輪のマンジュシャゲ

2012/09/19 12:04:09
秋一輪のマンジュシャゲ
 暑さ寒さも彼岸までと言うが、秋の訪れを告げるマンジュシャゲ(万珠沙華)がただ一輪、9月18日早朝、まんのう町帆山のあぜ道で見られた。

 大雨警報が出た16、17の両日、わずかに見えていた幾本かのつぼみ。一挙に咲くのを期待していたのだが…。お彼岸を前にしたこの日、頭(こうべ)を垂れた稲穂を背にしてやっと一輪、秋の訪れを告げていた。

 別名ヒガンバナとも呼ぶが、マンジュシャゲというのは、梵語(ぼんご)から出た名前で、見た人を悪から離れさせる力のある「天界の花」や「天上の花」を意味するとか。また、仏教の経典では、めでたいことが起こる兆しの一つにされているとか。

 花言葉は「情熱」「悲しい思い出」「想うはあなた一人」など。秋の季語になっている。                                        (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.