天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

福島と瀬戸内の小学生が直島キャンプ

2012/08/29 10:33:29
福島と瀬戸内の小学生が直島キャンプ
 8月20日から24日まで、福島県本宮市と瀬戸内の小学生が直島で交流キャンプに参加。福島県は24人。瀬戸内の子どもと直島の小学生を含め22人の合わせて46人が、4泊5日のキャンプを楽しんだ。

 家プロジェクトをウオークラリーで鑑賞したり、直島銭湯「Iラヴ湯」(ラヴはハートマーク)を掃除した後、ごほうびに全員で入浴。風呂上がりに、直島特産「塩サイダー」を飲んだり、最後の日は思い出発表会を開き、各班ごとに、いろんな発表の仕方をリーダーと思案した。

 その後、お祭り屋台(各テントごとに、フランクフルト、冷やしうどん、シュウマイ、チョコバナナ、かき氷、炊き込みご飯など)を出して、ゲストに作ったものを食べてもらった。

 夜のプログラムでは、「海ホタル」の観察会やテント対抗歌合戦、キャンプファイヤーなど毎夜、いろんな楽しいイベントを体験。でも、なんと言っても海水浴が一番心に残ったのか、ほとんどの子どもたちは発表の感想として「海で泳げたこと。砂遊びが楽しかった」と照れながらも、しっかりと発表できていた。

 今なお、復興が進まない福島の子どもたちと、瀬戸内の子どもたちの交流は、ベネッセの粋な計らいで【チャレンジ・ザ・サマー】として、昨年の夏から始まり、今年で2回目。

 スタッフの頑張りと、温かいスケジュールで、大人も子どもも一生心に残る夏の思い出になったことだろう。一日も早く、故郷の海で泳げることを願わずにはいられない。                                         (堀口 容子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.