天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

アート団扇で被災者にエール

2012/08/23 15:56:35
アート団扇で被災者にエール
 世界から届けられた愛の風「ファンファン展」が、三豊市財田町の財田公民館(白川洋二館長)で開かれている。

 東日本大震災の被災者を励まそうと、日本やアメリカ、ベトナムなど5カ国の22人から届けられた65本のアート団扇(うちわ)を展示した「ファンファン展」。これは、公益財団法人かがわ産業支援団体と香川県デザイン協会の協力で開催した。

 展示されている団扇には、ひなを真ん中にした2羽の白鳥、そこに「みんなでがんばろうニッポン」、また“今こそ絆”と、力強い字で書いたもの。「君はかなしい、僕もかなしい、日本中みんなかなしい」「日本中のみんなが、君のことを想っている」「はやくあたり前の生活をとりもどしたいね」「みんなで、がんばろう日本」などのメッセージも。

 「復」「興」の字を両方から抱く2本の太い腕。「IPPO IPPO NIPPONN」と記した二つの足跡。万国旗を幹にくるくると巻き付けた大樹の横に「みんな地球人」と書いたもの。65本の一本一本に、被災者たちへの温かいエールが感じられる。

 夏休みの自由研究をまとめに来ていた、財田中小学校5年の小藪祭詩(さいじ)君は「日本のために、世界中の人たちがこれを作るのは大変だっただろう。とてもすごいことです」と話していた。

 また、同小5年の露原陽(ひなた)さんも「世界中の人が東北の復興のために、団扇をデザインしてみんなを勇気づけてくれるなんて素晴らしいことです」と、感心していた。

 同展は9月2日までの午前9時半〜午後5時まで。問い合わせは、財田公民館〈0875(67)0108〉まで。                                      (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.