天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

コスモスがコーラス発表

2012/07/24 15:24:07
コスモスがコーラス発表
 高松市檀紙コーラスグループ「コスモス」は結成して15年、アルファあなぶき小ホールでこのほど、第5回発表会を開いた。

 会員は、ソプラノ、メゾソプラノ、アルト合わせて35人。指揮者由佐洋子先生の指導のもと、地区の公民館講座から発足したとは思えない力強い歌声で日ごろの成果を披露。ピアノ伴奏も田中真実先生と大物ぞろいで構成されていた。

 第1部は、戦争で焼き尽くされた東京、東日本大震災の被災地の人々に想いを寄せ「TOKYO物語」から始まり、「ここに幸あり」まで9曲を感情たっぷりに歌っていた。

 次は「こころの歌」として童謡・唱歌。「どこかで春が」から「雪」まで四季折々の歌8曲を、3重唱の美しいハーモニーで観客を魅了した。

 第2部のゲストコーナーは、「ギターの調べにのせて」がテーマ。尾崎史彦さんのギターソロで、6曲が演奏された。

 第3部は 〜未来に向かって〜。服装もまるでコスモスの花が咲いたようなピンクのブラウスに白いロングスカートで、肩に白い花をつけ雰囲気たっぷりの中で、「ケ・セラ・セラ」から「大地讃頌」まで8曲を披露。香川県高齢者生活協同組合合唱団・それいゆのメンバー17人も由佐洋子門下生の一員として参加。混声合唱にも、重みが加わったようだった。

 素晴らしい歌に引き込まれた2時間は、興奮冷めやらぬ間に終わった。                                     (白井 清子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.