天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

ネムノキの花 美しく

2012/07/18 10:31:29
ネムノキの花 美しく
 まんのう町吉野の民家の庭で、ネムノキ(合歓木)が今年も美しい花を咲かせ、6月から7月上旬にかけ、見る人たちを魅了した。

 家人によると、この花は18年ほど前に1本の苗を購入。手入れと言ってはほとんどしていないが、どんどん大きくなるほどに切り込みを続けているとか。
 高さが約2・5メートル、幅は1メートルあまりの角柱状に整えられ、花を愛(め)でやすい珍しい形になっている。毎年2回、鮮やかな花を楽しませてくれるそうだ。

 別名の「ネム」とか「ネブ」と呼ぶのは、夜になると葉が閉じることが由来。淡紅色の美しい花に見えるもの、実は全て長いオシベで、花びらは1枚もないと言う。だが、花言葉はもち、万人が「花」と認めているからだろう。

 その花言葉は「夢想」「歓喜」「創造力」など。俳諧では夏の季語で、万葉集や松尾芭蕉、与謝蕪村の句にも登場している。

 中国では昔、この木を庭に植えると「怒りが治まり心が和む」と信じられていたとか。家人がこの故事をふまえての植栽だったかどうかは定かでないが、心和む美しい「花」だった。次回、花を楽しませてくれるのは秋だと言う。                                          (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.