天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

エゴノキに想う

2012/06/11 11:40:03
エゴノキに想う
 満濃池のほとりで「実はえぐい(まずい)が、花は白くてきれいだ」と言われるさわやかなエゴノキの花に出合った。

 昔、エゴノキの実をすりつぶして沢や小川に入れるとウナギが苦しみ、「陸に上がろうとするところを捕っておいしくいただいた」とか。夢のような話に、楽しくなった。

 「白い清そな花が林いっぱいに咲き、梅雨時の雑木林が明るくなる」と言われるだけあり、山道を美しく彩っていた。

 ち密で粘り気のある木質から、将棋のコマや床柱、杖などにも用いられるそうだ。歌舞伎の演題「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」にも登場する花だと言う。

 名前も知らなかった由緒ある?花がこんなに身近にあることが分かり、自然に親しむ山道散策も健康ゲットとともに、いいものだと想った。                                     (香川 佳子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.