天気予報を見る
 
新聞購読申込
TOP > おりーぶ通信 > 記事詳細

おりーぶ通信

エリア

コーナー

過去のニュース

園児らが地域の人へ表彰状伝達

2012/03/15 12:29:34
園児らが地域の人へ表彰状伝達
 高松市教育会(乙武洋一会長)は、平成23年度顕彰事業として円座校区で活動する「いざ堂山を守る会」(田井三智夫会長)と「堂山で日の出を愛でる会」(尾方敬志会長)の2団体を連名で表彰。3月12日、円座幼稚園(遠藤智子園長)で表彰状の伝達式が行われた。

 円座幼稚園は、2010年度から年長児の遠足に堂山登山を取り入れている。堂山登山が園、家庭、地域の特色ある連携活動として同教育会に推薦、このほど選定された。

 「いざ堂山を守る会」と「堂山で日の出を愛でる会」は、協働して登山道の整備、植栽、野鳥の巣箱かけ、園児の登山手助けなど奉仕活動をしているが、これらが顕彰の理由になった。

 「園の歌」の3番は「♪むつめのおやまがよびかける…」から始まる。園から西方に見える六ッ目山(317メートル)に連なるのが堂山(304メートル)。2つの山は仲良く峰を並べている。年中・年少クラスの園児らも、年長クラスになれば遠足で堂山展望台(274・2メートル)に登れると、胸をおどらせる。堂山は四季折々の花が咲き、野鳥の声が谷間に響き、展望台からは360度のパノラマが広がる。

 伝達式は、全園児96人と職員の見守る中、遠藤園長が表彰状をゆっくり代読して、田井会長(70)ら3人の出席者に記念品とともに贈り、感謝の意を表した。昨年10月に堂山に登った年長クラス・ばら組の園児が全員で「堂山に一緒に登ってくれてありがとうございました」と声をそろえた。続いて全園児がお礼に「園の歌」を大合唱して式は終わった。

 田井会長は「これからも登山道の清掃や植栽に努めて堂山を守ります」と、感慨深そうな面持ちで園児らに語りかけた。伝達式を終えた遠藤園長は「教育には地域の支えとつながりが大切だと、あらためて地域の幼稚園を実感しました」としみじみ話した。                                        (野網 則子)
▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.